よくある馬の目の病気

馬の眼科は、馬の目に影響を与えるすべての病気と状態を網羅している。 よくある病気には、表層性角膜潰瘍、ぶどう膜炎、貫通性角膜裂傷などがあります。

表層性角膜潰瘍

表層性角膜潰瘍のよくある臨床症状には、エピフォリア(涙)、フォトフォビア(目を細める)、瞼の腫れ、目の前を形成する角膜の透明層の色と外観の変化、が含まれています。 角膜潰瘍は感染しやすく、痛みを伴うため、一般的には局所抗生物質、局所抗真菌薬、ある種の神経剤および殺虫剤中毒の治療に用いられる局所アトロピンメディケーション、または経口抗炎症薬が治療薬として使用されます。 治療は、軟膏や眼科用液剤を掌底洗浄システム(SPL)を用いて局所的に投与することができる。 瞼下洗浄は瞼の下にチューブを挿入し、馬のたてがみに結ばれたポートまで延長し、治療を補助するものである。 時間とともに馬は治療を嫌がるようになるが、SPLは特に治療が頻繁または長期にわたる場合、治療を容易にする。

時には真菌、一般にアスペルギルスまたはフザリウム種が患部潰瘍に定着し、治癒過程を複雑化し遅らせることがある。 このような状態を真菌性角膜炎または角膜真菌症と呼ぶ。 真菌の関与は、通常、最初の抗生物質治療に抵抗性がある場合に疑われ、細菌性表層角膜潰瘍よりも痛みが強いようです。 真菌性角膜炎は、表面角膜潰瘍によく似ているが、間質内や内皮表面に黄色・白色・緑色の局所病変(しばしばサテライト病変と呼ばれる)を認めることが多く、真菌性角膜炎が疑われる。 診断は、病歴と臨床症状だけで行われることもあれば、角膜細胞診(細胞のサンプルを採取し、顕微鏡で観察すること)によって裏付けられることもあります。 治療は、表層性角膜潰瘍と同様ですが、外用または全身性の抗真菌薬や、角膜の「融解」(重度の細菌や真菌による角膜炎で、角膜の自然防御機構が自己消化を開始する現象)を助けるために自己血清を追加することがあります。 角膜潰瘍は、常に緊急事態であると考えるべきです。 重症化して放置すると、眼球の破裂につながる可能性があります。 角膜の厚さが0.8~1mm程度であることを考えると、欠損した層は生命に関わる可能性があります。

ぶどう膜炎

もうひとつの代表的な馬の眼科疾患はぶどう膜炎で、しばしば「月見草」とも呼ばれます。 これは、ぶどう膜と呼ばれる眼の内側の血管部分に炎症が起こります。 臨床症状は角膜潰瘍によく似ていますが(涙が顔に溢れる、光に極端に反応する、まぶたが腫れるなど)、眼球にびまん性の濁りが見られることがあります。 ぶどう膜炎は、片目または両目が侵されることがあり、痛みを伴う疾患です。 治療しないまま放置すると、視力が低下し、眼球を失う可能性があります。 一般的な治療と管理には、局所および経口の抗炎症剤、局所アトロピン、必要に応じて局所抗生物質またはシクロスポリンインプラントが含まれます。

免疫介在性疾患であるぶどう膜炎は、通常、再発しやすく生涯続く疾患ですが、多くの場合、医学的に管理することが可能です。 ぶどう膜炎の重症例では、最後の砦として眼球摘出や核出術が推奨されることがあります。 眼球を摘出することは極端に見えますが、眼球は痛みや炎症の原因であるため、根治的な方法です。

角膜裂傷

最後に一般的な眼の疾患は、貫通性の角膜裂傷です。 ほとんどの場合、裂傷は蹴られたり、固定物にぶつかったりといった打撃によるものです。 これは即時の緊急事態であり、最良の結果を得るために眼科医または外科医に紹介されることがほとんどです。 臨床症状としては、虹彩の脱落、眼球下出血、眼瞼下垂、羞明、まぶたの腫れ、目を細める、そしてほとんどの場合、角膜に欠損が見られます。 治療は、眼球内の構造へのさらなる損傷を減らし、眼球の完全性と圧力を修復することに重点が置かれます。 視力は評価され、馬が見ることができる場合は、多くの場合、手術によって欠陥が修復されます。 手術後は、表面的な角膜潰瘍と同様に積極的な治療を行います。 予後は、病変の重症度、裂傷の深さ、眼内構造の範囲によるが、一般的にはよくても油断できないことが多い。

結論として、馬の眼の涙、目を細める、外観や色の変化に気づいたら、速やかに医師の診察を受けてください。 眼の状態は常に緊急事態として扱うようにしましょう。

定義:

角膜:目の外側の透明な層

角膜浮腫:角膜の層に過剰な液体

角膜潰瘍:目の外側層の崩壊

飛蚊症:涙

ヒフ科:目の前部に存在する血

Hypoton: pus or purulent material in the front part of eye

Iris: colored portion of the eye

Miosis: constricted pupil

Mydriasis: dilated pupil

Photophobia: sensitive to light, squinting

Tapetum: TAPETUM。 7224>

Uvea: 目の血管を含む目の内側の部分、虹彩、毛様体、脈絡膜を含む

Uveitis: 目の内側、血管部分の炎症

:

: 臓器(または腺、その他の構造)の支持骨格で、通常は結合組織で構成される

: 体腔の薄い内層

: 特定の疾患において起こり、その診断を疑いなく示す独特の臨床徴候

: 体腔の内層

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。