「ボーイズ・ドント・クライ」。 泣き虫少年」が振り返る男の涙の恥ずかしさ

Andrew
アンドリュー

フォロー

1月27日。 2020 – 6 min read

(画像ソースはイメージです。 Unsplash.com)

すべての人が恥を経験する。 男性の場合、恥はしばしば、ストイックな男性的役割を抑制するための「失敗」と認識されることから生じます。 男性は、揺らいだり、疑念を抱いたりしないことが期待されています。 男性は依存したり、必要とされたりすることはできません。 男性は強くなければならないし、力を感じなければならないのです。 このようなメッセージは、私たちの文化における男性的な構造によって、一貫して私たちに叩き込まれているものです。 男性にとって、一人で何かに取り組むことができないこと、他人に頼ること、弱いこと、身体的に「不十分」であること、無力感を感じることは、心の中で恥ずかしく思うことなのです。 男性は、弱さを表現することを避けるように言われています。 ブリーン・ブラウンが著書『Daring Greatly』で要約しているように、

男性は、ひとつの容赦ないメッセージの圧力の下で生きているのです。 弱いと思われないように」

泣くことは、若い男の子が「何を表現してはいけないか」について受ける、最も早い、最も重要なレッスンの1つです。 悪名高いフレーズにあるように、「男の子は泣かない!」のです。 それは、「大きな男の子は泣かない」「本当の男は泣かない」「泣くのは弱虫のため」という、ジェンダーを定義するパラダイムへとねじ曲げられます。 悲しみ、ストレス、フラストレーション、傷に対する自然な反応が、ジェンダーの期待によって条件付けされてしまうのです。

子供の頃、私は繊細でした。 学校でも最も繊細な子供の一人で、多くの女子生徒よりもそうだったと思います。 私は「泣き虫」で、批判されると涙で、怒鳴られると涙で、傷つけられると涙で、そして怒られると涙で反応するような子供だったのです。 私の幼少期の経験から言えることは、繊細な少年、特に涙もろい少年は、人から問題があると思われ、その繊細さを治療する必要があると思われ、いじめの格好のターゲットにされるということです。

敏感な男の子で、男らしさの汚点や緊張を感じずにいるのは難しいことです。 自分が「男の子らしくない」という感覚は、人生に浸透し続け、自尊心をむしばみます。 泣くことは、男性にとって恥ずべきことだと教えられています。 感情を「瓶詰め」にして、敵に強く立ち向かい、自分を傷つける人に挑戦し、反撃し、「本当の男」になって、弱さを見せないようにすることが条件づけられているのです。 泣くことはそのアンチテーゼと見なされます。 私たちは、挑戦する代わりに泣く男、立ち上がる「べき」ときに泣く男を馬鹿にします。 子供の頃、私はよく他の男の子から「どうしてそんなに簡単に泣くのか」と説明を求められた。 私はよくわかりませんでした。 それ以上のことは分からなかったのです。 私は、悪いこと、悲しいこと、恥ずかしいこと、怖いことを感じていました。 そして、そう感じると、涙が出てくるのです。

一度、逆転の発想で、「泣けない男は男じゃない!」と8歳の若さで力説したことがありますが、笑われてしまいました。 今、振り返ってみると、不思議なことに、この言葉には真実味がある。 私は原則として「真の男」的な発言は避けているが、男性がもろさや涙、弱さを恥じるように社会化することは、根本的に男性の人間性を押し殺していると思うのである。 私たちは男性を半人間にしようとし、あらゆる感情的な経験を否定しています。

本質的に、この文化的態度は男性を見捨てます。少年時代から、助けを求めないように、自分のニーズを隠すように、最も困難なときでもストイックなイメージを植え付けるように訓練されます。 私はその影響を感じました。長年のいじめによって、自分の問題について決して話すな、人前で泣くな、弱く見せるな、と思い込まされたのです。 それが仇となった。 後に分かったことですが、私の「いじめる人」は、非常に虐待的な背景を持っていることが多いのです。 私に対する彼らの扱いは、ある意味で、彼らが家庭で経験した虐待、無力化、恥、暴力を反映しているのではないかと考えたことがあります。

当時、子供だった私は、自分の涙を守ることと、それを深く恥じることの狭間で、自分自身が奇妙な場所にいることに気づきました。 いろいろな意味で、私は泣かずにはいられなかった。 侮辱されたり、批判されたり、怒鳴られたりすると、圧倒的な悲しみと恥ずかしさ、そして傷を感じたものです。 それに対して、ただ涙がこぼれ落ちた。 男の子らしくない私の奇妙な行動に対して、人々は答えを求め、私の防御策は、彼らにも私自身の耳にも嘘のように響いたのです。 あの時、泣くことが自然で健康的なことだと科学的に理解されていることを知っていれば。 しかし、私たちのジェンダー規範は、男性が表現することを容認できない行動であると決めつけています。 私たちはそれを、女性的なもの、男性には受け入れがたい「もろい」ものとして連想します。

しかし、これは実のところ、男性性についてのより新しい概念化なのです。

(Image Credit: Unsplash.com)

男の泣き声を「恥じる」ことが常に確立したルールであったわけではないんです。 多くの文化において、それは男性が示すべき立派な行動であり、彼の敬虔さを示し、あるいは彼の前にあるものの重さと憂鬱を理解したことを示すものだったのです。 実際、中世の文学や文化では、泣くことは罪の追放、とてつもない悲しみや美しさを理解する源として、他の解釈の中でもより好意的に見られていたようです。

男性が性別による条件の境界線を越えることを支援しようとするならば、あらゆる感情を表現することが常態化するようにしなければなりません。 それを間違いや恥ずべきことと判断している文化的態度を解体する必要があります。 男女ともに個性の違いについて教育し、ある人は他の人よりも自然に敏感であり、それは間違いでも特殊なことでもないことを受け入れる必要があるのです。 そして、私たちが文化的に行動を取り締まる方法は、自然に秩序づけられた役割の現れではなく、家父長制の義務を果たすために男女が互いに対してどう振る舞うべきかという二元的な文化的・歴史的理解を通じて形成されたものであることを確立することも重要です。

男性の自殺率を見ると、「必要性」と「弱さ」を「男の子は感じてはいけないもの」として概念化することが、男性が経験する心理的苦悩に危険な役割を演じていることが示唆される。 問題を話すこと、助けを求めること、弱さを認めることをめぐる不安、そして感情的に弱い男性に対するしばしば残酷な対応が悪循環を生み、多くの男性の人生に悲劇的な結末を与えているのです。 自ら進んで名乗り出ることを受け入れてもらえる確信が持てないまま、孤独で恥ずべき暗い場所に追い込まれた彼らに残された唯一の選択肢は、死だと思われるかもしれません。

弱さを感じたり動揺したりすることを辱めるべきではありません。

恥や弱さの恐怖は男性の中に深く浸透しており、最も親しいパートナーに心を開くことを恐れるほど深いものです。 男性は人間関係の支え手であることを期待され、家族の世話をするために存在するのであって、世話をされる側ではない。 経済的にも精神的にも妻やパートナーに依存し、多くの男性はそのような役割を特に切なく、屈辱的なものとして経験しています。 最近、男性にもっと心を開いてほしい、感情的になってほしい、自分の問題についてもっと話してほしいという要望が多くなっています。 しかし残念ながら、男性が自分の苦しみを打ち明けたとしても、時には反発や嘲笑を受けることがあります。 私たちは、男性の役割に対する認識を変えるために小さな一歩を踏み出し続けていますが、それは、まだほとんど距離を置いていないように見えるかもしれません。 ルールは頑固に凝り固まったまま、社会のあらゆる側面で、男性にも女性にも強制されています。

Boys do cry, and that is something the world has to be comfortable with.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。