ポイズを身につけ、プリンセスの気分を味わうための10の簡単なステップ

ラッツのコメントです。

お姫様育ちだったらいいのに。 中学生の時、通っていた小学校の向かいの学校に入学しました。 小学校でひどいいじめに遭い、いじめた相手とくっつかなかったので全く新しいスタートでしたが、結果的に知り合いは誰もいませんでした。 人見知りで不器用な私は、ほぼ幼なじみの地元出身者たち(6年生の夏に引っ越した)と一緒に街を駆け回ることになりました。 私の地元はホワイトトラッシュという悪い評判があり、そこから来た子供たちはみんな悪ガキで、地獄のように意地悪だったんです。 フットボールチームの入団テストでは、私の町の出身者は全員ディフェンス、それ以外は全員オフェンスというのが冗談のような話でした。 一学期が始まって数週間後、私の図書館の本が昼食中に隣のテーブルのバカに取られて、ゴミ箱に捨てられたんです。 私は副校長の一人に、男たちが本を探して周りに聞いている間(とても大きな声で、でもカフェテリアなので誰でも叫ぶ)、その副校長は一瞬私を見て、「とにかくなぜあなたは彼らと一緒に座っているのですか。 それに、女の子は男の子だけと一緒に座ってはいけないよ。 みんなに誤解されるし、そんなこと望んじゃいけないよ』って。 私は平手打ちされたような気がした。 自分を取り戻すのに1分ほどかかりました。 この大の男が、私の友人や町を侮辱しただけでなく、11歳の子供に、評判を落とすから男の子と一緒にいるべきでないと言ったのです。 私はその人に会ったこともなければ、校長室やAPオフィスに行く理由もなかった。 ただ、かなりショックを受けました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。