ヴィクトリアズ・シークレット、ブランドのリフレッシュをリードする新CMOを指名

近年、スキャンダルを次々と乗り越えてきた苦境のインティメートおよびアパレルブランドは、本日マーサ・ピースをCMOに指名したとWWDは報じている。

ヴィクトリアズ・シークレット・ランジェリーのマーティン・ウォーターズCEOは、社内メモでこの人事を発表した。 ピーズは昨年2月から契約社員としてヴィクトリアズ・シークレットで働いており、1月25日からウォーターズの直属となるフルタイムの職務に就く予定です。 ヴィクトリアズ・シークレットに入社する前、ピーズはボストン・コンサルティング・グループに5年間勤務し、ライフタイムTVやニュートロジーナの執行委員会にも在籍していました。

「マーサは、顧客中心の成長とビジネス価値を高めるためのデジタル活用で組織を導く、消費者ブランドのリーダーとして知られています」とウォーターズは、WWDが入手した内部メモに書いています。 「彼女は、ブランドの成長を加速させるために、テクノロジー、戦略的思考、イノベーションの交差点を活用する方法を理解しています」

Pease は、従来からヴィクトリアズ・シークレットの最も注目を集める役割を担っています。 以前は、1983年から同社に在籍し、同ブランドで最も有名なマーケティング活動の首謀者であったエド・ラゼックがその任に当たっていました。 ヴィクトリアズ・シークレットのファッションショーは、その代表的なものです。 かつては、テレビ放送で何百万人もの視聴者を集めるなど、ブランドにとってのジャガーノートだったものの、近年は監視の目が厳しくなり、特に2018年には、ラゼックが『Vogue』のインタビューでトランスジェンダーやプラスサイズのモデルについて語った発言が問題視され、炎上した。 2019年までにファッションショーは中止となり、ラゼックはその年の2019年にブランドを退社した。

ヴィクトリアズ・シークレットが、何十年にもわたってそれを定義してきた男性の視線主導の広告から離れ、評判の再構築とブランドの刷新を図ろうとしている中で、マーケティング部門のトップに女性を選んだことは、おそらく衝撃的なことではないだろう。

コンサルタント会社The Retail Doctorのボブ・フィブスCEOが2019年8月に述べたように、「これは彼らにとって、耳を傾け、伝統を理解する若い女性にブランドを率いてもらう機会だ」

現在、ピーズは、消費者がまだつながっているブランドの要素を保持しながら、ヴィクトリア・シークレットの再生を導くことを課せられている。 トップが新しい視点を持っていることで、それはおそらく、このブランドにとってこれまで以上に可能なことなのです。

「重要な構造改革を行うとき、トップが変わると、突然、豊かなエネルギーが生まれます」と Phibbs は付け加えました。 「誰かがそのエネルギーを利用しなければならないのです」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。