健全な依存 vs. 共依存

共依存は不健康な形の依存ですが、問題は依存それ自体ではありません。

相互依存として知られる健全な形の依存もあり、それは人間関係をより強くします。 しかし、共依存と相互依存を見分けるのは難しいものです–特に、あなた自身が健全な人間関係をあまり経験していない場合は。 ですから、他人を必要とすること、他人に頼ること、助けを求めることは何も悪いことではありません。 健全な依存関係、別名相互依存関係には、相互のギブアンドテイクが含まれ、両方の人がサポート、励まし、実際的な援助などを与えたり受けたりしています。 しかし、共依存関係では、一人が与えることのほとんどをやっていますが、見返りはあまり与えられていません。

これに対して、相互依存は、個人の自尊心、達成感、自信を高め、人間関係における愛情、相互尊重、感情的安全感を促進するものです。 相互依存の関係にあると、パートナーの助けや励ましによって、世の中に出て問題に取り組み、新しいことに挑戦し、恐怖心を克服することが容易になります。 また、依存と自立のバランスがとれているため、自分自身を独立させることができます。 言い換えれば、健全な依存は、あなたを束縛するのではなく、あなたが最高の自分であることをサポートするのです。

相互依存の成人は、自分が何者であるかという強い感覚を持ち、世界を操り、自分のニーズを表現する能力があると感じています。 彼らは助けを受け入れますが、自尊心を他人に依存することはありません。 対照的に、共依存者のアイデンティティは関係に包まれており、自分が誰なのか、何を望んでいるのか、パートナーから分離して感じているのかがわかりません*。

まとめると、相互依存関係は、全体としてのアイデンティティ、分離した個人としてのアイデンティティを損なうことはありません。

共依存とは何か、何が不健康なのか

共依存は、単に他人に過度に依存することではありません。 それは、自分のアイデンティティが相手のアイデンティティと絡み合っていることを意味する、enmeshmentです。 共依存関係では、自分のニーズや目標、興味が抑圧され無視されるほど、相手に焦点が当たっています。 あなたは、生計を立て、請求書を支払い、子供の世話をすることが完全にできるという点では、自立した人かもしれません(勤勉、信頼性、世話好きは共依存者の共通の特徴です)。しかし、必要とされたいという不健康な欲求があるため、自分に価値があり愛されていると感じさせるために誰かに依存し続けているのです。 そして、想像できるように、これは彼らの関係の中でアンバランスを生み出します。

幼少期のトラウマ、幼少期の感情的無視、機能不全の家族力学の結果、「与える人」は根本的に欠陥があり価値がないと感じ、愛を獲得しなければならないと考えているのです。 そのため、受け入れられ、評価されていると感じるために、自分の欲求を犠牲にするのです。 その結果、自分の感情、興味、信念、価値、そして自分の存在さえも認めてもらうために、他人に依存する不健全な状態が生まれます。 自分の価値を認めてもらうために他人に依存するのは、決して健全なことではありません。

助け対許可

先に述べたように、相互依存関係は相互支援と援助を提供し、与えられた援助は相手が成長し学習する力を与えてくれます。 しかし共依存関係では、一人だけが助けを提供しています — そしてその助けは、より多くの依存を生み出す傾向があります。なぜなら、あなたはパートナーが自分自身のために何かをするのを助けるのではなく、パートナーに何かを可能にしたり、救ったり、しているからです。

共依存の介護者として、必要とされたいという欲求があまりに強いため、愛する人が機能不全や依存状態を維持することを無意識に許してしまうことがあります。 これは恐ろしい考えで、見捨てられることへの恐怖から、しつこく口答えをしたり、不要な助言をしたり、世話を焼いたりするようになることがあります。 これは、愛する人がもっと自立して自信を持てるようになることを促す、相互依存関係を特徴づける助けとは異なります。 相互依存とは異なり、個人が感情的、職業的、社会的、精神的、あるいはその他の面で成長することを奨励しません。 共依存関係は、与える側が「助ける」ことから自尊心を得続け、受ける側が肉体的、感情的、金銭的、その他の必要を満たせるように、現状を維持することに重点を置いています。 共依存者は、自己価値の欠如を補うために一貫して誰かに頼ってきたため、自立して機能することが困難です。 人間関係は、私たちの生活に喜びと充実感の層を増やし、成長の機会をもたらし、私たちを元気づけてくれるのです。 しかし、私たちが人間関係に持ち込む核となる傷は、人間関係では直せません。

健全な依存と共依存

相互依存と共依存の違いを理解することは、特に健全な相互依存関係を経験したことがなければ、難しいかもしれません。 下の表は、相互依存と共依存の主な違いをまとめたもので、健全な依存と共依存の区別に助けが必要なときに、参考にしていただければと思います。

健全な
依存関係

共依存

互いに依存していること、
バランスのとれた与え合いと取り合いである。

一人が与えることが多く
、その見返りにサポートや援助をほとんど受けない。

助けは成長、学習、
そして自立を促進する。

手助けを装った
手助けは依存を生み、個人の成長を妨げる。

自分自身が
分離した独立者だという意識。

アイデンティティ
と感情が融合し、お互いが独立した
人間として機能しなくなること。

自分の興味、
目標、価値観を見失い、代わりに相手が望むことをしたり言ったりする。

自分の
感情を完全に経験する。

他人が自分に腹を立てているときでも、自分には価値があるとわかっている。

自分に
価値があると感じられるように相手を頼っている。

安全で安心して付き合いができると思っている。

拒絶、批判、
見捨てられることを恐れる。

罪悪感なしに反対したり
ないと言える。

衝突、境界線の欠如、
完璧さの期待への恐怖を感じている。

正直さと間違いを認める能力は成長を促します。

否定と防衛は、
物事を停滞させます。

©Sharon Martin, LCSW

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。