冬のビールとは

冬のビールスタイルの違いとは

クラフトビールのスタイルや季節のビールの中で特に冬のビールは気に入っているんだ。 それは、一般的にABVが大きく、私たちのお気に入りのビアスタイルをよりフルボディに解釈する傾向があるという事実と関係があるかもしれません。 また、ナツメグ、オールスパイス、ジンジャー、シナモンなど、この季節ならではのスパイスを使ったものもあれば、そうでないものもあります。

アメリカの冬のクラフトビールはスパイスが効いているものが多く、クリスマスビールやホリデービールと呼ばれることが多いようです。 イギリスはウィンターウォーマーが最も一般的で、フルボディで濃いめのモルト主体のスタイルになりがちで、通常スパイスは使いません。 「ウォーマー」は通常、より大きなABVを意味し、そのため、体を少し温めるという考えがあります。 ベルギーでは、スパイスを控えめにし、通年の主力ビールをより重厚なものにする傾向があります。

何をもってクリスマスビールとするかは、一概には言えません。 ビールメーカーは、その無限の創造性によって、常にその境界線を曖昧にしていますが、ほとんどの場合、それらはすべて少し特別な何かを持っているものなのです。 熟成させたもの、高アルコールのもの、スパイスを効かせたもの、あるいは全くユニークなものなど、クリスマスビールにはさまざまなスタイルがあるのです。

Some of The Best Winter Beers Over the Years

「冬やクリスマスのベストビール」のリストは、よく探せばたくさん見つかりますが、少し違ったアプローチで、私たちが毎月開催している5つのビアクラブで長年にわたって紹介してきた、個人的に好きなものをいくつか紹介できたら楽しいだろうなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。