売掛金

売掛金入門

売掛金とは、信用取引で供給された商品やサービスに対して顧客がビジネスに負っている金額で、貿易債務者と呼ばれることもあります。

顧客に信用を与え、製品やサービスの代金を請求し、後日45日、90日などの日に支払いを受けると、顧客がお金を借りている間、それらは売掛金として分類されます。

ARは、見出し流動資産の下でビジネスの貸借対照表に記録され、それらは1年以内に現金化されることを意味します。

accounts receivable - balance sheet

Accounts Receivable Formula

以下のAR式は、会計期間の信用販売と現金回収に基づいて、期首と期末の債権残高を調整するものである。

売掛金残高=期首売掛金残高+売上債権残高-現金回収額

売掛金仕訳

売掛金残高は通常まず売上元帳に記録され、そこには顧客ごとの個人勘定が含まれます。

例えば、顧客Aに200ドル、顧客Bに400ドルの信用販売を行った場合、最初の記入は販売日報に記録されます。

インボイス456

Sales Day Book – 売上を記録する
Sales Day Book Page 1
Date Customerインボイス ページ 金額
8th January 2019 顧客A インボイス123 ページ4 200
2019年1月9日 顧客B 7ページ 400
売上合計 600

次に売上元帳に各顧客の個人口座への売掛金を記録することになります。

2019年1月9日

売掛金について

Sales Ledger – to record the Accounts Receivable
Customer A Page 4
日付 勘定 Page Debit Credit
8th January 2019 Sales SDB 1 200
お客様 B 7ページ
営業 SDB 1 400
600

最終的に売上日報と売上元帳の合計を複式簿記することになります。

に転記する。

AR管理勘定への複式簿記
Account Debit Credit
AR管理勘定 600
Revenue
Total 600
Last modified April 3rd, 2020年 by Michael Brown

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。