生産性、幸福感、快適性を高める!オフィスカラー心理学の決定版

共有は思いやり!

  • シェア
  • ツイート
  • ピン
  • リンクイン

色は私たちが思う以上に日常に影響を及ぼしているのです。 オフィスでは、色を上手に使うことで、生産性、健康、そして幸福感を高めることができます。 また、色彩心理を活用することで、従業員の生産性や仕事の満足度を向上させ、クライアントや訪問者、顧客があなたのビジネスをどのように認識するかにプラスの影響を与えることが、研究により明らかにされています。

しかし、この記事のハイライトに向かう前に、まず、家庭やオフィスの装飾における色彩心理とは何かについて詳しく見てみましょう。

色彩心理とは何ですか

色は、人の感じ方や物事の捉え方に影響を及ぼすことができる強力な心理ツールです。

色彩心理学を構成するいくつかの原則があります。

  • 各色は特定の意味を持っています。
  • 色の知覚は評価を引き起こし、その結果、色を動機とする行動につながります。
  • 一般的に、色は人に自動的に影響を与えます。
    • 暖色系のプラシーボ錠剤は、寒色系のものよりも効果的です。
    • 青色系の街灯を使うと、犯罪が減ります。

    オフィスでは、色の効果的な使用は、生産的で調和のとれた職場を作るための優れた人間工学と密接に関係しています。

    Color Psychology Chart

    簡単に参照するために、ここにすべての色とその意味の表があります。

    Best Colors for The Office Explored

    色彩心理は非常に強力なので、マーケティングやインテリアなどさまざまな業界で利用されています。 つまり、オフィスでも色の力を活用することができるのです。

    ここでは、その効果に応じたベストカラーをご紹介します。

    集中力と生産性を高めるベストカラー

    まず、心を刺激する色についてです。 ワークスペースや会議室、研究室などにこれらの色合いを取り入れると、長時間の作業でも社員の集中力と生産性を維持できます。

    Light Blue Color Psychology and Productivity

    Photo Courtesy of cxre

    Light Blueは会計などの業界で万人に愛され、社員が反復的作業に生産性と集中することが必要な場合に使用されている色です。 この知的な色は、心を落ち着かせ、明晰な思考を促し、精神的な負担を軽減します。 また、秩序、自信、忠誠心を促進します。

    青を白などの中間色と組み合わせると、インテリアが冷たく、不親切に見えるのを防ぐことができます。 3559>

    Red Color Psychology and Productivity

    Photo Courtesy of Yusufdampit

    いくつかの研究によると、赤は心拍数を上げ、血流を促進することが分かっているそうです。 そのため、仕事で体を動かすことが多い場合や、精神的に注意深くなければならない場合、赤は生産性の高い色です。

    ただし、赤を過度に使用すると、チームメンバー間の攻撃や競争が発生する可能性があります。 このエネルギーを与える色は、背景として中立的なパレットと家具や装飾に使用する方が良いです。

    黄色は注意レベルを高めるので、記憶色であると言われています。 そのため、例えばホワイトボードの後ろの壁を黄色にすると、新入社員は理論上、研修で教えられたことをより多く吸収することができます。 これはもちろん、生産性の向上につながります。

    オレンジ色の心理と生産性

    Photo Courtesy of Wikimedia

    オレンジは、肉体派の赤と感情派の黄色の組み合わせなので、心と体の両方に刺激を与えることができます。 幸せと決意を象徴する楽しい色です。

    ただし、オレンジが多すぎると、社交的な雰囲気になり、逆効果になります。 生産性を高めるには、他の色を引き立たせるためにオレンジを使うことです。 たとえば、壁の一面をオレンジ色に塗れば、退屈な白い部屋に華やかさを与えることができます。 3559>

    Green Color Psychology and Productivity

    Photo Courtesy of Garry Belinski

    長時間働くなら、グリーンはオフィスに欲しい色です。 心を優しく刺激してくれるのはもちろん、目に優しい色です。 また、このような場合にも、「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」。

    Best Colors for Creativity

    Color psychologyも、従業員の創造性を最大限に発揮させたいのであれば、利用することが可能です。 次のような色でワークスペースを飾るだけで、彼らのインスピレーションと自信を高めることができます。

    黄色の色彩心理と創造性

    ほとんどの人にとって、黄色は太陽を連想させる色です。 これは、暖かく楽観的な色になります。 あなたの精神を刺激することによって、黄色は革新を鼓舞し、あなたの創造的なジュースが行く取得します。

    ちょうど赤のように、それは人々を空腹にする不幸な効果を持つことができるので、黄色は控えめに使用する必要があります。 3559>

    Red Color Psychology and Creativity

    赤は、不安定で活発、そして情熱を駆り立てる色である。 オフィスで目にすれば、創造的な仕事をするための刺激と興奮を与えてくれるでしょう。 もちろん、何事もやり過ぎれば、悲惨な結果につながることもあります。 ほとんどの場合、赤を控えめに使うことで、その活力効果を引き出します。

    オレンジ色の心理と創造性

    Photo Courtesy of Filippopoli

    赤と黄色の副色として、オレンジは自然に活気があり暖かい色になります。 楽しい色でありながら、快適さと自信の感覚を生み出します。

    Best Colors for Projecting Power

    次に、これらの権威ある色を使って、特定の業界におけるあなたの優位性、専門性、および力を示すことができる。

    黒の色彩心理とパワープロジェクション

    Photo Courtesy of Tucduphill

    黒は色彩心理においてパワー、権威、コントロールを象徴しています。 また、黒をアクセントとして使用することで、オフィスをミステリアスにもエレガントにも演出することができます。

    ブラウンカラー心理学とパワー投影

    ブラウンを背景に豊かな木の家具を組み合わせると、自分自身が力、パワー、男性らしさを叫ぶオフィスを持っています。 黒と同じ暗さでありながら、より温かみがあり、土の色であるため、より支持される感じがします。 同時に、勤勉で堅実であることを意味します。

    オフィスが堅苦しくならないように、いくつかのグリーンやブルーを加えることができます。 また、あなたの職場が上品で洗練された外観にするためにアイボリーと組み合わせることができます。

    Best Colors for Relaxation and Comfort

    あなたの仕事はあなたが興奮したクライアントや神経質な患者に対処する必要がある場合は、リラックスと快適な色合いであなたのオフィスを設計したいと思うでしょう。 これらは、一般的にそれらの白の多くを持っている色合いです。

    Blue Color Psychology and Relaxation

    Photo Courtesy of Cake Paradise

    人々は落ち着いた色について考えるとき、彼らが通常考えることを最初に青、特にその明るい色合いである。 空の色である青は、爽やかで落ち着きのある、癒しの効果があります。 3559>

    ピンクの色彩心理とリラックス

    Photo Courtesy of IKEA

    ピンクは、女性らしさや希望、ロマンスを感じさせる落ち着きのある色彩で、人を育む色です。 また、健康や成功の象徴でもあり、「ピンク色」「バラ色」と言われる所以でもあります。 赤に近い色なので、強烈すぎることなく、同じ暖かさとエネルギーを持っています。 実際、多くの刑務所が暴力的な受刑者を落ち着かせるために使用するほど、人々をリラックスさせる効果があります。

    Photo Courtesy of Cake Paradise

    自然の中で最も優勢な色として、緑は安らぎ、安心、そして活力に満ちている。 それは幸福とバランスと関連しています。 3559>

    Pastel Colors Psychology and Relaxation

    Photo Courtesy of Decoist

    春の色とも呼ばれるパステルカラーは、白を多く含む色です。 通常の色よりも彩度が低いため、軽やかで落ち着きがあり、やわらかい印象を与えます。

    幸福のためのベストカラー

    研究によると、労働者は幸福なときに13%生産性が向上する。

    イエローの色彩心理と幸福

    サニーイエローは、温もり、楽観性、前向きな自尊心、快活さを表す色合いです。 幸せを呼ぶ色として、精神を明るくし、自尊心を高めてくれます。

    オレンジ色の心理と幸福

    親しみと明るさを広げ、目を引くオレンジは、成功、若さ、決意、温かさを表しています。 オレンジは、従業員が情熱的で前向きな人生観を維持するのに役立ちます。

    ピンク色の心理と幸福

    Photo Courtesy of Houzz

    ピンク、特にその深い色合いは、あまりにも激しいことなく赤のエネルギーと幸福をしたい場合に最適な色である。 怒り、攻撃性、憤り、見捨てられといったネガティブな感情を和らげ、働く人をいつも明るくしてくれるのです。 ピンクが多すぎると、消耗が激しく、男性的で、閉所恐怖症になりかねないので、壁の一面に塗るか、ニュートラルな色調のアクセントカラーとして使用します。

    広さを演出するベストカラー

    次に、色が空間に与える影響についてお話します。 明るい色、特に白は、仕事場を爽やかで広々とした印象にします。 作業環境が快適であればあるほど、ワーカーの仕事のパフォーマンスや満足度も向上します。

    白の色彩心理と広さ

    Photo Courtesy of Design-Milk

    どんな空間的に厳しいワークスペースも白で塗れば広く明るく見えるようになるはずです。 また、バランス感覚と中立性が生まれ、明るい色を拡散させる効果もあります。 色彩心理学における白は、純粋さと清潔さを意味します。

    しかし、白が多すぎると、魅力に欠け、退屈で、臨床的に見えることがあることを覚えておいてください。 また、純粋な白はあまりにも過酷に見えることがありますので、より柔らかく、より暖かいオフホワイトは良い選択であることができます。

    Best Colors for Luxury

    Finally, boost your confidence while impress your clients at same time by decorating your office for success.

    紫の色彩心理とラグジュアリー

    Photo Courtesy of Behance

    王族の色として、あなたのオフィスを豪華に見せるなら、堂々とした紫を選ぶとよいでしょう。 また、最高級の品質を連想させるので、ワークスペースの装飾に使用すると、クライアントにあなたが最高であることを伝えることができます。 これは、紫が非常に高価な顔料であり、裕福な人(つまり王族)だけがそれを買うことができた古い時代に由来しています。

    あなたがそれをペアにする色に応じて、それはまたそれにロマンスとファンタジーの考えを呼び起こす魔法と謎の感触があります。 3559>

    ブラックカラーの心理と高級感

    Photo Courtesy of Pinterest

    ブラックにゴールドなどの良い補色を合わせれば、上品さを保ちつつも優位性を示すことができるだろう。

    ジュエルトーンとラグジュアリー

    Photo Courtesy of Dering Hall

    深い青、緑、赤などのジュエルトーンは富と贅沢を発散させるものである。 その理由のひとつは、エメラルド、ルビー、サファイアといった宝石との関連性です。

    ジュエルトーンに他の大胆な色を合わせると、強いコントラストを感じることができます。 もちろん、メタリックカラーなどの中間色も効果的です。

    オフィスでの色の活用

    このように、オフィスや日常生活における色は、単なる美的感覚以上のものがあります。 上手に使えば、気分を高揚させ、生産性を向上させ、オフィスでの集中力を研ぎ澄ますことができるのです」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。