骨髄移植後の生活、骨髄移植後の回復 – Dharamshila Narayana BMT Hospital

Life After BMT

骨髄移植後の生活は、「帰宅」してから「新しい日常」を送るまでの移行期間となります。 ダラムシラ・ナラヤナ骨髄移植チームは、あなたが早く回復し、身体的にも精神的にも健康でいられるよう、いつもそばにいます。

帰宅

退院する前に、患者さんとその家族は家の準備と介護の計画を立てる必要があります。 準備をしておけば、健康を維持し、感染症にかかるリスクを減らすことができます。

家庭でのケア

以下のような感染症の兆候や症状があれば、すぐに担当医またはBMTコーディネーターに報告する必要があります。 以下の徴候や症状に注意しなければなりません:-

感染の徴候または症状

  • – 38℃または100°F以上の熱です。 医師に相談せずに、発熱を隠すようなパラセタモールを患者に飲ませないでください。
  • – 呼吸器系の問題、または咳、鼻水、喉の痛み、風邪。
  • – 下痢、吐き気、嘔吐、けいれんなどの胃の不定愁訴がある。

GVHDの徴候または症状(ドナー移植を受けた患者さんのみ)

  • ・体、手のひら、足の裏などに新しい発疹がある。
  • ・水のような下痢がある。
  • ・体重減少を伴う食欲不振。
  • – 白目や皮膚が黄色くなる黄疸。

薬剤の副作用の徴候または症状

  • ・手の震え
  • ・持続する頭痛
  • ・高血圧
  • ・・・・・・。 嘔吐、吐き気
  • ・皮膚の発疹

訪問者

自宅での訪問者は許可されていますが、慎重に審査されなければなりません。 家族や友人が病気である場合は、訪問してはならない。 来訪した子どもたちは、学校という環境でより多くの伝染病にさらされるため、伝染病にかかっている可能性が高くなります。 水痘、麻疹、流行性耳下腺炎、冷え症は特に注意が必要です。 これらの病気にかかったことがある場合は、できるだけ早くBMT担当医に報告してください。

スキンケア

刺激の少ない石鹸とシャンプーを使って、毎日必ず入浴またはシャワーを浴びてください。 股間や脇の下を毎日清潔にすることが大切です。 皮膚が乾燥している場合は、ワセリンまたはその他の認可された保湿剤を皮膚に塗ります。 特に放射線治療を受けたり、GVHDを発症している場合は、日光から皮膚を保護します。

以下のガイドラインに従ってください。

  • – 衣服でできるだけ皮膚を覆ってください。
  • -特に髪の毛が生え揃うまでは、帽子/ハット/スカーフを必ず着用するようにしましょう。
  • ・肌に日焼け止めをたくさん塗ってください。

お口のケア

  • – 1日3回以上、できれば食後にお口のケアをするように心がけましょう。
  • ・やわらかい歯ブラシを使用する。 フッ素入りのマイルドな歯磨き粉を使用する。
  • – 歯ぐきと上下の頬の境目はしっかり磨くようにしましょう。 白い斑点(鵞口瘡/口内炎)がある場合は、医師に報告してください。

あなたはまだ自宅での投薬が必要でしょう。 看護師と医師が薬について説明します。 退院する前に、すべての薬が何のためで、どのように服用するのかを理解しておいてください。

これらの薬の中には高価なものもあります。

これらの薬の中には高価なものもあります。入院する前に、これらの薬を購入する余裕があるかどうかを確認するために、BMT担当医とあなたの経済状態を話し合うことが重要です。

固体臓器移植とは異なり、一生免疫を抑えるための薬を飲み続ける必要はありません。 GVHDや感染症がなければ、主要な薬は1年後までにすべて中止されます。

ワクチン接種

あなたは今新しい免疫系を持っているので、子供の頃に受けた主なワクチン接種は、移植後6ヶ月から1年後に再度受ける必要があります。 BCGやPOLIOのような生ワクチンは受けてはいけません。 また、過去6週間以内にこれらのワクチンを接種した子どもたちとの接触も避けてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。