4万年前に埋められた子供の骨が長年のネアンデルタール人の謎を解く

男の子だったか女の子だったかはわかりません。 しかし、この古代の子供、ネアンデルタール人は、2歳くらいまでしか生きられなかったのです。

約4万1000年前に生きたこの短い命は、フランス南西部のラ・フェラッシーという有名な遺跡で発見されました。

古代の遺跡が最初に発見されたとき(ほとんどは20世紀初頭のさまざまな段階)、考古学者は、ネアンデルタール人が亡くなった親類を土の下に安置した、意図的な埋葬であると仮定していました。

しかし、現代の考古学では、ネアンデルタール人が本当にそのように死者を埋葬したのか、それとも葬儀のこの特別な側面はホモ・サピエンス特有の習慣なのか、という疑問が渦巻いている。

このような疑問は、過去に使用された考古学的技術や記録保持に関連している。

このような謎を抱えたまま、フランス国立科学研究センター(CNRS)と国立自然史博物館の研究者が率いるチームは、1970年から1973年に発見されてから約50年間博物館に保管されてきたラ・フェラッシー8の古代遺跡を徹底的に再評価することになったのです。

「この骨格の発見とその背景は、一般に文書化されていないとみなされてきたが、実はこの欠陥は、最後から二番目の発掘段階(1968-1973年)に関連するラ・フェラシーの情報と資料が必要以上に処理されていないことに起因する」と、研究者は新しい論文に記しています。

「実際、膨大な量のデータが、私たちの今回の研究以前に未評価のままでした」

新しい研究で、研究者は、ラ フェラッシー 8 の骨の分析と同様に、オリジナルの発掘チームが使用したノートと現場日記を見直しました。

彼らの学際的なアプローチの結果は、ラ・フェラッシー8の埋葬とされる以前の研究が標準的でなかったにもかかわらず、子供が埋葬されたという古い結論が正しいことを示唆しています。

「ここで分析された人類学、空間、地質年代学、タフォノミック、および生体分子の複合データは、埋葬がLF8の最も妥当な説明であることを示唆しています」と著者らは説明しています。 ネアンデルタール人が意図的に無菌の堆積物に穴を掘り、そこに LF8 の子供が寝かされたことを提案します」

この結論に達するにあたり、研究チームは、土地の傾斜が異なる角度であっても、保存状態の良い骨が散乱せずに、頭が体の他の部分よりも高く上がった解剖学的位置で横たわっていたことを確認しました(これは、ネアンデルタール人の手によって意図的に高くされたということを示唆しています)。

さらに、動物の痕跡がなかったことから、研究チームは、意図的に迅速に埋葬された可能性が高いもう一つのしるしと考えています。

「肉食動物の痕跡がないこと、空間的攪乱の程度が低いこと、断片化、風化は、それらが急速に堆積物に覆われたことを示唆している」と研究者は説明している。

「地層の地質的傾斜に従わない傾斜を持つ無菌層内の子供と関連要素の存在を説明できる自然(すなわち非人為)過程は見つからない。 この場合、LF8の子供の遺体は、無菌の堆積物に掘られた穴に安置されたことを提案する」

ネアンデルタール人が死者を埋葬した新しい証拠を主張する最近の研究はこれが初めてではないし、おそらくこれが最後でもないだろう。

フランスの研究チームは、今日の新しく改良された分析基準を、ラ フェラッシー 1 から 7 までのさまざまな骨格に適用し、彼らがどのように埋葬されたのかについての最新の評価を得るべき時であると述べています。 元の記事はこちら

Recent news

{{ articleName }}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。