Dry VS Non Dry Rope – Comparison Guide

Dry_vs_Non_Dry_Rope_-_Comparison_Guide

クライミングロープを購入することは、特にスポーツを始めたばかりのクライマーやインドアクライミング施設からワイルドアウトドアへ移動しようと考える人にとっては大変な経験である場合があります。 そのため、クライミングロープを購入する際には、ドライロープとノンドライロープのどちらを購入するかなど、様々な選択肢や特徴を考慮する必要があります。 ドライロープとノンドライロープは、どちらもクライミングの世界では重要な役割を担っていますが、あなたのニーズにはどちらが適しているでしょうか?

撥水性

ドライロープとノンドライロープの主な違いは、撥水性です。 撥水加工を施したロープは、撥水加工を施していないロープに対して、撥水加工を施しているロープがあります。 どんなに良いクライミングロープでも完全防水ではないので、コーティングの種類やレベルに関係なく、ドライロープは湿気にさらされると湿ったり濡れたりすることに変わりはないのです。

ドライロープは、一般的にドライシースとドライコアに分類され、ドライシースには撥水加工が施されています。

しかし、あなたは乾燥したロープの他のいくつかのカテゴリに遭遇することがあります。 シングルドライ、ダブルドライなどです。

価格の違い

ドライロープとノンドライロープの違いとして、一番最初に目につくのが価格です。

使い方

扱いや値段もさることながら、乾式と非乾式の大きな違いのひとつは、その使い方にあります。 この際、はっきりさせておきたいのは、その名前が使用環境を表しているわけではないということです。

そうなんです。

ドライロープは、過度の湿気が予想される環境やクライミングシーンで使用されるように設計されています。 例えば、雪山を登ったり、氷河やツンドラ地帯をハイキングしたりするときです。

一方、ノンドライロープは、乾燥した環境、つまり屋内のクライミング施設や、小雨が降り始めたら荷物をまとめて出発できる短いドライルート向けに設計されています。

ノンドライロープは濡れてはいけないということでしょうか? いいえ、そんなことはありません。 乾いていないロープが濡れても大丈夫で、それはクライミングロープを洗っているところで起こることです。

FAQ

What_is_the_difference_between_dry_and_non_dry_rope_

Q:ドライロープとノンドライロープの違いは?

A:

ドライロープとノンドライロープの大きな違いは、前者が水をはじくための物質で処理されていて、一方後者はされていない点です。

Q: ドライロープは必要ですか?

A:

ドライロープとノンドライロープの選択は、あなたのクライミング活動によって決まります。 もし、あなたのクライミングがアイスクライミングや氷河クライミング、雨の多い環境でのマルチピッチトラッドクライミングを含むなら、ドライロープは必要でしょう。

Q: ドライロープは価値がありますか?

A:

ドライロープとノンドライロープの比較では、前者がより高価である。 しかし、その利点にもかかわらず、あなたが主にスポーツクライミングや屋内の壁登りをしている場合、ドライロープにお金を費やす必要は本当にありません。

Q:ドライ加工クライミングロープとは?

A:

ドライ加工クライミングロープは撥水性のあるロープです。 フッ素樹脂をベースにした溶液を含浸させ、吸水しないようにするか、少なくとも吸水量を少なくするものです。

Q: 濡れたロープは強いですか?

A:

いいえ、濡れたロープは乾いたロープより強くはありません。 実際、ロープの繊維に含まれる水分は、落下したときのような過度の負担がかかったときに、ロープが切れやすくなる原因となることがあります。 このようなときは、事故を防ぐためにクライミングロープの引退を検討してください。

Globo Surf Overview

クライミングロープを購入するには、ほとんどの人が考えるよりも多くの思考と考慮が必要です、特にそれはあなたがあなたのクライミングロープを持ってしたいどんな機能に関して来るときです。 また、ドライロープとノンドライロープの違いは、クライミングをする場所とクライミングの種類によって異なります。 そのため、クライミングロープを購入する際には、前述のような点を考慮する必要があります。 このような点を考慮した上で、あなたのニーズに合ったクライミングロープをお探しください。

その他のクライミングレビュー。

  • ジムクライミングシューズ
  • クライミングハーネス 初心者用
  • ボルダリング クラッシュパッド
  • 女性用クライミングパンツ
  • ベレー帽 メガネ
  • クライミングウォームアップ
  • ダブルフィッシャーマンズノット
  • クライミングテクニック
  • ハウツーラペル
  • プルシックノット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。