Flying FluFlying Flu

昨年、ユヴァル・ノア・ハラリ氏の著書『サピエンス』に言及した記事(『ウォールE Wisdom』AOPA Pilot, April 2018, page 28)を書きました。 その記事に関連して読者から届いたあるメールは、こう問いかけることから始まりました。 “誰かがサピエンス “を読んだかどうか、どうやって知ることができるのでしょうか? という質問だった。
Harari 氏の最近の著作である Homo Deus も、同様に私を夢中にさせ、彼の最初の前提は、人類は以前、飢饉、疫病、戦争という3つの苦境に脅かされていたということです。 今日は、そのうちの2つ目の災難にインスピレーションを受けました。 黒死病は現在では大きな関心事ではないが、他の難解な病気は多くのコラムインチを集めている。 例えば、笑い事ではありませんが、エボラ出血熱は、一部のハリウッドセレブの配偶者よりも少ない数のアメリカ人を殺しました。 しかし、ほとんど完全に回避可能で、メディアの注目をほとんど集めないにもかかわらず、毎年多数の死者(2017年だけで約8万人)を出し、多大な不幸と経済的困窮をもたらす病気がある:インフルエンザ、またはインフルエンザである。
インフルエンザは、ウイルスによって引き起こされ、野火のように広がる感染力の高い病気です。 例えば1918年の大流行では、全世界で5,000万人から1億人が死亡した。 ウイルスは自由自在に変異し、遺伝情報の断片が年々姿を変えながら、種を越えて拡散していく。 そのため、「鳥インフルエンザ」「豚インフルエンザ」という呼称が生まれた。 家畜と共生する後進国では、種間の情報伝達が新たな変異種を生み出すことは間違いない。 だから、社会が恵まれない人たちを助けることは、世界全体の利益となる。 そしてもちろん、今日、民間旅客機という暖かく湿った培養基の中で、世界の片側から反対側まで数時間で移動することができる。 搭乗する前に、人は混雑した通りを横切り、レストランに立ち寄って食事をし、満員の空港ターミナルで交わりを持つ。 機内に持ち込まれたウイルスは、喜んで何千人もの人々に感染し、その人々がまた他の人々に感染するのである。
毎年、当局は新型のウイルスを調べ、それらを組み合わせてインフルエンザの予防接種を設計しています。 しかし、予防接種が効果を発揮するためには、全員が予防接種を受け、集団免疫を獲得する必要があります-全員が予防接種を受ければ、誰も病気にかかることはありません。 もちろん、かかりつけの医師の意見も聞いてください。 個人的な理由ですが、特に免疫系や心臓血管に問題のある幼い人、高齢者、虚弱な人にとっては、個人的なワクチン接種は命を救うことになります。 インフルエンザにかかると、免疫力が低下し、他の二次感染にかかりやすくなります。
インフルエンザの初期症状は、全身倦怠感、頭痛、筋肉痛、発熱などです。 風邪は咳やくしゃみ、喉の痛みなどが特徴的ですが、インフルエンザでもそのような症状は見られますが、風邪の場合は微熱程度で済みます。 インフルエンザは、早期に発見すれば、抗ウイルス剤で感染期間を短縮することができます。 それ以外の治療は、安静、十分な水分補給、睡眠に加え、痛み止めや解熱剤による症状の緩和です。
そこで私が伝えたいのは、どうか毎年、インフルエンザの予防接種を受けてください!ということです。 咳やくしゃみをしたら、鼻と口を覆い、できれば袖やハンカチ、ティッシュで覆い、その後、処分してください。 手指の消毒液(私も常備しています)を使用し、顔を触らないようにしましょう。 このような習慣を身につけるだけで、インフルエンザや風邪などの感染症にかかる確率を下げることができます。 もしインフルエンザにかかったら、回復するまで自宅で過ごしましょう。それがあなたの健康にも、あなたの職場や会う人のためにもなります。
現在、2018-2019年のインフルエンザシーズンはかなり穏やかなようですが、引き続き注意してください。
Fly well!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。