Inky Johnson (1986-)

  • Speaker

American

Inky Johnson (Born February 12 , 1986) is Motivational speaker and author that suffered a injury during college football game that he left with parmarysis in right arm. この経験をもとに、障害者の支援活動を行い、自伝的著書「Inky:

インキー・ジョンソンは、テネシー大学の元セーフティ選手です。 ジョンソン氏は、祖父母の2ベッドルームの家で、他の13人の家族と一緒に暮らしながら育ちました。 リビングルームの床にパレットを敷いて寝たそうです。 ジョンソンによると、ジョージア州カークウッドでは、薬物と暴力に囲まれていました。

彼と彼の家族は9年間に5回引っ越し、すべてカークウッド内で行いました。 安定はしていなかった。 彼はカークウッドの友人と家族を愛していました。 ただ、生き残るためには、外に出なければならないと思っていたのです。

2006年9月9日、エアフォース戦でのタックルでキャリアを終えるほどの怪我をした。 試合終了まであと数分というところで、ジョンソンはタックルに行き、エアフォースのランニングバックの体に肩をぶつけた。 このヒットにより、ジョンソン選手の右肩に神経損傷が生じ、選手生命を絶たれました。

当時のチームドクターであったラス・ベッチャー医師は、ジョンソンのまぶたが垂れ下がっているのを現場で発見し、ホーナー症候群という神経損傷の兆候であることを突き止めたのです。 この症状を発見したことで、UTメディカルセンターの医師は内出血を止めることができ、結果的にジョンソンの命を救うことができたのです。 手術の効果もあったし、ミネソタのメイヨークリニックに行くことで、その可能性も見えてきた。

ジョージア州アトランタに住むインキーは、敬虔なクリスチャンです。 現在は講演家として活躍している

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。