Isiah Thomas Breaks Down Education, Leadership and Business with Baron Davis

BD: それはドープな話です。 あなたはキャリアの中でNBPAの会長も務めましたね。 なぜそうしようと思ったのですか?

IT: そう、デイブ・ビングとアーチー・クラークが私のルーキーシーズンに近づいてきて、”おい、お前は組合に参加しなければならないぞ “と言ったんだ。 それで私は、「俺は金を手に入れたばかりなんだ。 組合に入る気はない “と。 アーチーは「いや、参加しなきゃだめだ」と言ったんだ。 それで選手代表をやらされたんだ。 私が選手代表になってから、他のみんな、シカゴ・ブルズでさえも、みんな私に組合長になるように投票してくれたんだ。 お前が会長になれ」と言われたんです。 幸運なことに、私はその責任を引き受けました。責任を引き受けるだけでなく、個人の権利のために戦い、福利厚生のために戦い、給料のために戦い、より良いホテルの部屋のために戦い…

BD: そのことに突っ込んでいただけますか? クリス・ポールが会長になり、このような素晴らしいことが起こっています。

IT: 私たちデトロイト・ピストンズのチームは「バッドボーイズ」として知られていましたが、実は私たちはNBAの反逆者であり、必ずしもコート上ではなく、コート外で話していたことでした。 そして、組合の会長になると、まず、より良い仕事、より高い給料、福利厚生、そして生活条件の向上を求めるようになります。 だから、私たちは自分たちの飛行機を手に入れた最初のチームで、自分たちの飛行機をチャーターするようになりました。 エアポート・マリオットでの宿泊もやめました。 エアポート・マリオットを覚えていますか? ベッドが短いし、その他もろもろ。

さて、当時、NBAや他のみんなは、私がおかしいと思ったでしょう。 私がNBAに入ったとき、基本的に、ここがメディア関係の部屋なら、白人男性のコーカソイドでした。 スポーツを取材している部屋には、それしかいなかったのです。 女性はいませんでした。 NBAに女性が入ってきたのは、スポーツをカバーするという点では初めてのことでした。 私たちが言いたかったのは、「みんなにこの生地の一部になってほしい」ということです。 そこで、私たちは多様性について話し始めました。 インクルージョンについて話し始めたのです。 人種についてもね。 難しいことをすべて話し始めたのです。 ところで、私たちは勝っていました。 その結果、私たちに対処することで、すべてが改善され、前進することができました。 サラリーキャップが導入された最初の団体協約では、デトロイト・ピストンズが最初に反対票を投じたチームでした。 そして、やり直しを余儀なくされた。 最終的に「賛成」に投票して、一緒にやってきたのですが、なぜ「反対」に投票したかというと、フリーエージェンシーについて話すとき、自由になることについて話すとき、そして当時、契約がどのように構成されていたかを話すとき、その多くは本当に年季奉公の契約に基づいていたのです。 ドラフトで指名され、フリーエージェントになったとき、私たちが使っているレッテルや用語について考えてみてください。 そこで私たちは、「ちょっと待てよ、フリーエージェントってどういう意味なんだ? そして、歴史書を読み返すと、その言葉の意味がわかるんです。 そこで、私たちは言葉の批評を始めたのです。 言葉について、本当の意味での会話をしたかったのです。 そして、それらすべてが突然変わり始め、それが人種につながり、人種についてどのように会話するのか、ということになったのです」

当時のアメリカ企業は、「アフリカ系アメリカ人のプレーは見に来ない」と言っていました。 このような部屋ではアフリカ系アメリカ人のバスケットボールを見に来ることはないでしょう。 そこで、アメリカ企業はNBAから資金をすべて切り離し、撤退していました。 デビッド・スターン、チャーリー・グランサム、アレックス・イングリッシュ、ジュニア・ブリッジマン、ボブ・ラニアー、私、私たち全員がテーブルを囲んで、「私たちにマイクを持たせて、私たちの物語、本当の私たちの姿を話してくれれば、アメリカが戻ってくると思うのですが、皆さんが書いたような私たちの姿ではなく、私たちに話をさせてください」と言いました。 座ってインタビューを受けて、同じように偏見を持っていたり、自分の意図を持っていたりする人(女性はいなかったことを覚えておいてください)が、あなたの言ったことを解釈して、それをまたアメリカに伝えに行かなければなりませんでした。 当時、NBAにいた私たちは、「私はそんな人間じゃない」と言っていました。 私は、「私はそんなんじゃない」と言ったんです。 でも、それは乗り越えるのが難しいハードルでした。 今、私たちはここにいて、アメリカの企業はNBAを愛し、NBAはアメリカの企業を愛しています。

BD: あなたはそれをすべてやりました。 私が誰かを見て、「よし、私はオーナーになりたい」と言う限りにおいてです。 くそ、彼はそれをやったんだ。 ああ、私は組合の会長になりたい。 そうだ、彼がやったんだ。 ニックスのGMになりたい。 あいつはやったよ。 ポップコーン” それで、TNTの後ろに座って、彼は、「ああ、俺はポップコーンのビジネスから撤退したんだ」と言ったんだ。

IT: まず、私たちが持っているチャンスと、私が示そうとしている手本があるからこそ、私は意欲的なのです。 しかし、それは前の世代から受け継いだものです。 ですから、私がすべてのアイデアを思いついたわけではありません。 誰かが “こうあるべきだ “と言ったのです。 私たちは皆、指導しやすいので、耳を傾けます。 ポップコーンの会社についてですが、私はインディアナ・ポップコーンというポップコーンの会社の共同設立者でした。皆さんも見たことがあると思いますが、おそらく私の会社だとは知らなかったと思います。 空港で通る、どこにでもある赤い袋のケトルコーンは、いわば私の作品です。 さて、なぜ袋の色を変えたのか。 かつてのポップコーンは、透明なビニール袋に入っていました。 そして、私たちは皆と同じように、少し味をつけたいと思いましたね。 そこで私は、”袋に色をつけよう “と言ったのです。 それで、袋に色をつけたら、ポップコーンもポテトチップスも、みんな色のついた袋になったんです。 ポップコーンの会社から撤退

その後、私はシャンパンの世界に入りました。 シャンパーニュの古い地域に200エーカーの土地を持っていて、アメリカでは最大のブドウのシャンパンの一番搾りをやっています。 アメリカで飲まれているシャンパンのほとんどは、2番手、3番手のブドウを使ったものです。 姉さん、だから飲むと2杯で頭が痛くなるんだ。兄さん、飲むと、飲み過ぎると吐くんだ。 物理的に吐いてしまうのです。 さて、それはなぜか? シャンパンの二番搾りと三番搾りは、特に香水や酢を作るのに使われるんです。 このシャンパンには砂糖が使われていて、その結果、3回目のプレスに含まれる砂糖が病気になるのですが、その背景には素晴らしいマーケティングキャンペーンがあります。 バロンはいつも私に、「君はマーケティングのことを何も分かっていない。 私にやらせてくれ “と。 だから、私たちが提供するのはファースト・プレスです。 最初のプレスが最高のプレスなのです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。