Marketing Technology Landscape

Scott Brinker and ChiefMartecは、MarTech企業の年次アイチャートを発表しました。 リストはさらに13.6%増の8,000社に。 しかし、昨年のリストの12社に1社は買収されたか、または解散したため、減少率は8.7%でした。

データ部門は25.5%増の1,258社になりました。 データ・グループのうち、ガバナンス、コンプライアンス、プライバシーは68%増となった。 その他の急成長したサブセグメントには、Conversational Marketing and Chat(70%増)、Projects and Workflow(41%増)、Print Advertising and Promotion(35%増)、Video Marketing(26%増)などがあります。

MarTech が拡大を続ける一方で、この業界には「世界市場シェアを占める」1~20のプラットフォームというロングテールがあると、Bringer は主張します。 MarTech は、スイートからプラットフォーム エコシステムへと進化し、ロングテール ビルダーや起業家の能力を活用し、プラットフォームに統合されたニッチ ソリューションを提供しようとしていると、Brinker 氏は主張しています。 「マーケティング スタックのバックボーンとしての主要なプラットフォームの安定性と、そのプラットフォームに深く差し込むように設計された一連の専門アプリの増大は、強力な組み合わせです。 以前は否定的なレッテルであった「ポイントソリューション」も、主要なプラットフォームにシームレスに統合されれば、ポイントソリューションではなくなります。 スタックの一部となるのです。 文字通り、それはバグではなく、機能なのです」

「同時に、これらの特性は、ロングテールのマーテックビジネスにある程度の堅牢性を与えます」と Brinker 氏は続けます。 「主要なプラットフォームと深く統合することで、統合されていないソフトウェアに対する買い手の反対意見を克服することができます。 また、他の統合アプリとのネットワーク効果により、互いのデータやサービスから利益を得ることができます。 そして、この目的のために特別に運営されているオンライン マーケットプレイスを通じて、明確に定義されたターゲット層 (そのプラットフォームの顧客) に対してマーケティングおよびセールスのエネルギーを集中させることができます」

この論理は、セールス エンゲージメントなどの新しいカテゴリでも再現されています。 Outreach と SalesLoft は、数年前からパートナー エコシステムを提供し、その機能を強化し、提供物に柔軟性を与えています。 セールスフォースが企業買収によって機能を拡張したように、セールスロフトもパートナー(NoteNinjaとCostello)を買収して中核機能を拡張しています。 小規模なベンダーは、正式なアプリ ディレクトリを提供していない場合もありますが、通常はさまざまなカテゴリのベスト オブ ブリードのベンダー数社と提携しています (LinkedIn SNAP、Vidyard、Drift、Zoominfo など)。

さて、今年のデータは、コロナウイルス パンデミックが 2020 年 3 月に世界で爆発的に流行する前に集められたものでした。 もちろん、この危機がマーテック業界にどのような影響を与えるかという象のような疑問があります。 2021年のマーテックの風景はどうなるのでしょうか。

Scott Brinker, ChiefMartec

Brinker氏は、「顧客にとって厳しい時期になる」ため、パンデミックは「長期的に死亡するというより、短期的に打撃を受ける」と見ており、結果として弱小ベンダの淘汰が進むと見ています。 確かに、景気の不透明感から企業の支出は減るだろう。 また、Brinker氏は、マーケティング業務が手薄になり、危機管理業務に対応することになり、VC資金の減少により新興企業のベンダーリスクの認識が高まると警告しています。

しかし、パンデミックはMarTech企業にとって完全にネガティブなものではありません。 ポジティブな面では、企業は「デジタルエンゲージメント/トランスフォーメーションに傾注」し、パフォーマンスマーケティングに注力し、プラットフォームエコシステムと結びついた低価格の製品の恩恵を受けることになるでしょう。

「世界はよりデジタル化し続けるでしょう。 むしろ、この危機は、企業がデジタルオペレーションとデジタルカスタマーエクスペリエンスを採用する動機を加速させるでしょう。 そして、そこでMarTechが成功するのです」

最後に、Brinker氏は、Luma Partners社が行った市場分析に言及した。 S&P 500が第1四半期に25%下落したのに対し、MarTechの上場企業は8%の下落にとどまった。 この穏やかな下落は、MarTechが他のカテゴリーよりも市場から好意的に見られていることを示している(32%下落したAdTechよりもはるかに良い)

  • 2019 Chief MarTech Analysis

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。