Master’s in CSE

Home > Academics > Graduate Programs & Admissions > Master’s in CSE

The EECS master’s degrees are primarily intended for students desingly advancement their knowledge and skill in the fields or fields of EECS.

学部の概要

一つの学部に二つの修士プログラムがあり、EECSは、学生がEECS学部の全範囲にアクセスし、その恩恵を受けながら、自分の興味に密接に合わせた学位プログラムに家を持つことができるようにします。 コンピュータ科学と工学(CSE)および電気・コンピュータ工学(ECE)の2つの部門で構成されています。

プログラム概要

Explore other masters programs at the College of Engineering

修士号は30単位のコースワークを完了することが条件です。 学位論文の提出は任意です。

修士課程の要件は、プログラムガイド(pdf)に記載されています。

MS vs. MSE degree

MS(科学修士)とMSE(工学修士)は、主に名称が異なる学位です。 学位取得の要件は同じである。 工学の学士号を持つ学生は、どちらの学位も選択することができます。 6283>

単位の移行

修士号のコースワーク要件を満たすために、他の場所で取得した限られた数の大学院単位を移行することができます。 また、単位を移行しない場合でも、本学の学位要件を満たすコースと同等のコースを他の場所で履修し、その要件を満たすことができる。 ただし、そのような同等科目は必要な総単位数を減らすことはできません。

修士課程への出願

このページには大学院入試に関する情報があります。

経済支援情報

EECS学科は、出願時に修士学生に与える経済支援に制限があります。 一方、修士課程の学生が、研究開始後に研究補助員や教育補助員を受けることもあります。 修士課程の学生には、学外からのフェローシップに応募することが奨励されています。 学資援助リソースの概要を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。