Reddit – natureismetal – キツツキの舌が'の脳を包み込み、1500gの力で叩いている間、脳を保護する!

なるほど、それでもっと詳しく調べてみました。

私が以前コメントしたソースや、かなり詳しいwikipediaのキツツキのページでは、鳥の頭の衝撃吸収に関与する特徴の中に、この独特の舌の構造は含まれていないようです。

しかし、あなたが挙げたような他の資料や、こちらも明確に舌の構造が衝撃吸収に役立つと述べています。

さて、私は鳥類学者でも生物学者でもありませんが、それでも実際の学術論文を調べてみました。残念ながらそのほとんどは有料ですが、以下は私が見つけたものです。 Fuster, J.M., Newman, P.A. & Hirschman, A.(1976): キツツキと頭部外傷. Lancet 307,454-455.

こちらは有料ですが、別の記事*(警告、自動ダウンロードのpdf)が参照されています。

下顎の後端に付着する筋肉…または後頭部を包む舌に接続する筋肉(May et al., 1976)を含む、さまざまな衝撃吸収メカニズムが提案されている。 ジャーナル・オブ・ズーロジー 270.3 (2006): 462-465. Web. 20Apr. 2012. © 2006 The Zoological Society of London

May et al.の論文は、実は上に掲載した「舌打ち賛成派」のソースの1つで参照されています。 つまり、この論文では、舌は衝撃吸収機構の一部であると述べているのです。 ここで注意しなければならないのは、この論文は 1976 年のものだということです。

参照先の論文では、別の、より新しい(1999 年の)論文に触れています:

  • Bock, W.J. 1999: キツツキの機能的・進化的形態学. で。 Adams, N.J. & Slotow, R.H. (eds) Proc. 22 Int. Ornithol. Congr.

(ダウンロードページ)

参照(上記から続く):

下顎後端部に付着する筋肉(Bock, 1964; Spring, 1965; May et al, 1976)、後頭部を包む舌(Mayet al. しかし、これらの衝撃吸収機構はいずれも、衝撃の持続時間を長くし、力を弱め、その結果、穴あけの効率を低下させるという難点がある(Bock,1999a)。

Bockからの直接引用:

衝撃吸収機構が、ドリリング中にキツツキ類のブレインケースと脳に作用する力を低減するという提案は、したがって、拒否することができる。

つまり、ボックによれば、脳が受ける外傷を減らすのは他の要因(頭蓋骨の構造)なのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。