When does 'energy' turn to matter?

If there was sunlight keeping photosyntesis and the rest of the biosphere going in state of matter carried by a flow of energy, biomass would not exist. 地球が対流圏で太陽エネルギーを吸収すると、それは絶えず物質の中を流れ、最終目的地である真空の宇宙へと向かいます。 バイオマスは、地表のあらゆる生命体によって太陽エネルギーから継続的に生み出されている。そして、光速のエネルギーの流入と同じ速度の流出によって、太陽エネルギーがリアルタイムで質量に変換されなければ、すべてのバイオマスは存在しないのだ。 つまり、生命体とは、エネルギーが質量に変換され、同じようにエネルギーに変換され続けることによって維持される質量なのです。

地球上の温度を持つすべての物質も同様で、太陽エネルギーは照射が変わらない限り、一定の速度と密度ですべての物質を流れます。 もし、太陽を止めたら、地球はどのくらいの質量になるのか、誰か計算してみる気はないだろうか。

エネルギーは、放射線によって加熱された粒子があるところならどこでも光速で質量に変換され、入ってくるものと同じ量のエネルギーを含む形に成形された定在波に似ており、さもなければ出て行くときにエネルギーを節約することができない。

エネルギーと物質には、空間における幾何学的な分布以外に違いはなく、エネルギーは一次元で、物質は周囲の空間と物質に関連する次元に継続的に拡大して存在することを受け入れると助けになります。 光よりはるかに速い速度で移動する質量から来るエネルギーの増加がなければ、静的エネルギーEのゼロ次元から、我々が質量と呼ぶ幾何学的形態としての時空への拡張は必要ないのである。 時空と相互作用するエネルギーは、エネルギーが光量子の大きさに収まる範囲を超えると、時空に膨張する。

その幾何学的形状から、質量は、1次元の光子の単一方向に対して、全方向に光の2乗速度で流れるエネルギーであると言える。

物質をエネルギーに変換するために、原子炉は衝突を利用して物質の速度を遅くし、車が巨大な壁に衝突するのと同じようにエネルギーを抽出することができる良い例である。

時空の中で膨張するエネルギーからの抵抗は、潜在的なエネルギー貯蔵の井戸として形作られたゼロへの潜在力のバランスをとる反対力である。 膨張は進行中ですが、収縮は等しいです。 ソースの強度が増加するだけで、体積が増加するにつれて単位エネルギーあたりの膨張が小さくなり、さらに膨張することができます。

物質は、単なるエネルギーの容器として簡単に説明され、流入する量と同じエネルギーが形状内部にあり、空間に流出することによって維持される時空の局所拡張によって作られる形状です。

E=mc^2 は、物質がより高い状態へと加速するエネルギーの一形態であるということについて非常に明確です。 文字どおりに解釈すれば、明らかに非常に大きな物質中のエネルギーが、通常の状況では取り出すことができないことを説明しています。 もし私たちがエネルギーを持った質量と同じ速度で、自分たちもエネルギーを持った質量でありながら並んで移動すると、エネルギーは一緒に移動するすべての物質で共有されるので、物質のエネルギーを利用する方法はありません。

物質からエネルギーを取り出すための減速は、エネルギーへの変換の記述としてより直感的に理解できます。 私たちは、相対運動における位置エネルギー差から運動エネルギーを取り出すという概念に精通している

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。