Why children become so attached toys and comfort blankets

Children becomes emotionally attached to cuddly toys, blankets and even smely old scraps of material because they intuitively believe them possess the unique essence or life force, と心理学者は昨日発表しています。

その結果は、非常に幼い子供でさえ、複製できない無形の品質をそのようなオブジェクトに投資していることを示唆しています。

研究では、子どもたちの反応を、あらゆる点で同一のコピーよりもオリジナルを好む美術愛好家の反応と比較しました。

これまでの研究では、幼児の最大70%が、おもちゃや毛布などの物に対して強い愛着を持つことが示されています。

ブリストル大学のブルース・フッドとアメリカのイェール大学のポール・ブルームは、その理由を探ろうと決めました。

愛着対象としてカウントするためには、子供は定期的にその愛着対象とともに眠り、少なくとも人生の3分の1はその愛着対象を持っていなければなりませんでした。 2つの箱の扉が開かれ、片方に緑のブロックが入れられました。

しばらくして、2つ目の箱からブザーが鳴った。

それから実験者は子供たちに、持ち込んだものをコピーさせるかどうか尋ねました。 新しいものをもらうか、古いものを返してもらうか、子どもたちは選ぶことができました。

愛着のあるものを持っていた22人のうち、4人は頑なにコピーすることを拒みました。

最後に、すべての子どもたちに錯視の仕組みを見せ、元の品物が戻ってきたことを知りました。

Hood教授は、この実験から、子どもたちは自分の物の物理的な性質に加えて、コピーできない何か別の性質があると信じていると述べました。 「もし、好きなものを原子レベルに至るまですべてコピーする機械があったとしても、私たちはやはりオリジナルのものを好むでしょう。 そこには本質がある。 この実験は、これが直感的なプロセスであることを示唆しています」

「私たちは物を擬人化し、まるで感情があるかのように見ています。 子供たちは、これらのオブジェクトが生きていないことを知っていますが、彼らは彼らが生きているかのようにそれらを信じています。」

快適な毛布で寝る傾向は、主に西洋の特徴であると考えられていますが、フッド教授は、オブジェクトが本質を持っていると信じることはそうではないと述べました。 東洋の信念の中には、すべてのものが生命力を持っていると考えるものがあり、他人の家に住むことを困難と感じる文化もあります。

{{#ticker}}

{{topLeft}}

{bottomLeft}}

{topRight}

{bottomRight}

{{#goalExceededMarkerPercentage}}

{{/goalExceededMarkerPercentage}}

{{/ticker}}

{{heading}}

{{#paragraphs}}

{{.}}

{{/paragraphs}}{{highlightedText}}

{{#cta}}{text}{/cta}}
5月にリマインド
Accepted Payment Methods: Visa、Mastercard、American Express、PayPal

投稿を忘れないよう、こちらからご連絡いたします。 2021年5月にあなたの受信箱にメッセージが届くのを楽しみにしていてください。 寄稿についてご不明な点がありましたら、お問い合わせください。

トピックス

  • 心理学
  • 玩具
  • ニュース
  • Facebookでシェア
  • Share Twitterでシェア
  • メールでシェア
  • LinkedInでシェア
  • Pinterestでシェア
  • WhatsAppでシェア
  • Messengerでシェア

でシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。